交通事故治療

交通事故後でお悩みの方に寄り添い

心と体の痛みを和らげます

交通事故後によるむち打ち症でつらい思いをされている方が、当院には数多く通院されています。当院は一般社団法人むち打ち治療協会の認定院として、症状の改善と交通事故後の保険・法律関係のアドバイスを行なっていますので、安心してなんでもご相談ください。

むち打ち症とは、じつは正式な傷病名ではありません。交通事故(追突・衝突・急停止など)の物理的な負荷により首が鞭(むち)のようにしなったために引き起こされるさまざまな症状の総称なのです。主に以下の5つの種類に分けられます。

種類主な症状
頸椎捻挫型
(けいついねんざがた)
むち打ち症の約7~8割を占めるタイプ。首の後ろや肩が、首を伸ばす際に痛む。首や肩の可動域が狭くなるケースも多く見られる。主な原因は、頸椎の周りの筋肉や靭帯といった軟部組織の損傷。
根症状型
(こんしょうじょうがた)
咳やくしゃみ、首の曲げ伸ばし、首や肩が一方向に引っ張られた際に強く痛む。腕のしびれやだるさ、頭痛(後頭部)、顔面痛もある。並んだ頸椎に歪みが生じ、神経が圧迫されて痛みが起こるとされている。
バレ・リュウー症状型 頭痛、吐き気、めまい、耳鳴りなど。頸椎に沿って通っている頸椎動脈の血流が低下して起こるもので、後部交感神経症候群とも言う。
脊髄症状型
(せきずいしょうじょうがた)
下肢のしびれ、知覚異常、歩行障害、尿や便が出にくくなるなど。頸椎の脊柱管を走っている脊髄や下肢に向かって伸びている神経が傷つくことで引き起こされる。
脳脊髄液減少症
(のうせきずいえきげんしょうしょう)
初期症状としては頭痛が主で、その後は不定愁訴としてあらゆる症状が現れる。天候、特に気圧の変化に伴い、症状が強まる。一時的に上昇した髄液圧が下方に伝わり、腰椎の神経根に強い圧がかかることが原因となり、くも膜が避けてこれらの症状が起こるとされている。

整形外科と整骨院の交通事故治療の違い

整形外科は外科的な処置を施します。レントゲンなどの画像による診断は、整形外科でしかできません。まずは整形外科への受診をお勧めします。整骨院は柔道整復師(国家資格)が手技による施術を行ないます。同時通院されることも可能ですし、整形外科で「(レントゲンで)骨には異常がない」と診断を受けて痛み止めを処方されたがすっきりせず、その後整骨院に通院するというケースが非常に多いです。

交通事故のケガでもっとも怖いこととは?

交通事故直後は特に痛みも感じなかったからと整形外科にも整骨院にもかからなかった場合、後からじわじわと痛みが出て後遺症となってしまうことです。時間が経つにつれて交通事故との因果関係があいまいになりますので、保険関係でも不利になるうえ治癒にも時間がかかってしまいます。ケガがなくても必ず受診するようにしてください。

整骨院での交通事故治療についてのポイントとは?

整形外科からの転院が可能です。また、交通事故のほとんどのケースで、相手方の保険による慰謝料や保証金により、患者様は負担金0円で整骨院に通院できます。当院は、一般社団法人むち打ち治療協会の認定院として、治療技術・法律家と連携したアドバイス・精神的ケアを通して患者様をサポートしています。